公的個人認証サービス

公的個人認証サービスとは
 

 申請・届け出がインターネットで行われる際に、デジタル文書について確かな本人確認(電子証明書)が必要になります。公的個人認証サービスは、この電子証明書を全国どこに住んでいる人に対してもご利用できるようにするサービスです(平成16年1月29日開始)。
これらは、本人が設定したパスワードで保護されます。ICカードをこじ開けるなど外部から物理的に秘密鍵を読みとろうとすると自動的に内部データを消去する耐タンパー性をもつことにより、本人がICカードを厳格に管理すれば、第三者に秘密鍵を読みとられることのない仕組みとなっております。
詳しくは、下記のホームページを参考にしてください。

電子証明書発行申請 

 お手持ちの住民基本台帳カードに秘密鍵、公開鍵と、愛知県知事が発行する電子証明書を格納します。
 (補足)住民基本台帳カードの申請については「
住民基本台帳カード」をご覧ください。
 

受付窓口 

 役場町民課


受付時間 

 月曜日から金曜日(祝日や12月29日から1月3日を除く)8時30分から16時


手数料 

 500円


有効期間 

 発行の日から3年


必要なもの


1 本人申請の場合

 必要なもの

  1. 住民基本台帳カード(顔写真なし、ありどちらのタイプでも可)
    窓口でカードの暗証番号(数字4桁)を入力していただきます。
  2. 官公署発行の顔写真付き本人確認書類(運転免許証、パスポート,在留カード、特別永住者証明書等)
    有効期限内のもので、住所、氏名などの記載が住民票と一致しているもの
    (補足)住民基本台帳カードが写真ありの場合は不要


2 代理人申請の場合 即日に発行することができません。

申請後、町から郵送した回答書をご持参いただいたときに発行します。

必要なもの

  1. 回答書(受付後市民課から郵送します)
  2. 委任状(申請者本人の印鑑登録した印鑑が押印されたもの)
  3. 申請者本人の印鑑登録証明書(3か月以内に交付されたもの)
  4. 申請者本人の住民基本台帳カード(顔写真なし、ありどちらのタイプでも可)
    窓口でカードの暗証番号を入力していただきますので、代理人に暗証番号を正確にお伝えください。
    暗証番号が間違っている場合は受付できません。
  5. 代理人の官公署発行の写真付き本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
    有効期限内のもので、住所、氏名等の記載が住民票と一致しているもの


3 15歳未満の方または成年被後見人の方の場合

事前に窓口にお問い合わせください。
 

その他の注意事項

  • 電子証明書を初めてカードに格納する際には、パスワード(大文字英字又は数字で4から16文字)を設定していただきます。 なお、安全性を高めるため、英数まじり6文字以上をおすすめします。
  • 住所、氏名の文字のなかにパソコンで表示できない文字がある場合は表示できる文字(代替文字)を選んでいただきます。
  • 住所、氏名に変更がありますと電子証明書は失効され、ご利用できなくなります。必要な方は改めて申請してください。
  • 本人確認書類はコピーをとらせていただきますので、あらかじめご了承ください。
  • 手続きに20分程度かかります。
  • 書類等の不備、本人確認できないときは発行できないことがあります。


更新 

 電子証明書の有効期間は発行の日から3年間です。
 有効期間満了日の3か月前から更新の手続きができます。
 手続きの際には、住民基本台帳カードの暗証番号、電子証明書のパスワードの確認をさせていただきます。
 確認できない場合は、暗証番号とパスワードの再設定手続きが必要となります。
 本人確認書類が必要です。


失効 

 電子証明書を失効させたい場合は、次の2種類の方法があります。

  1. 町民課窓口へ「電子証明書失効申請書」を提出してください。本人確認書類が必要です。
  2. 公的個人認証サービスオンライン窓口(新しいウィンドウで開きます)から行なうことができます。


紛失盗難 

 電子証明書が格納された住民基本台帳カードを紛失、盗難にあった場合は、オンライン上で他人が偽って利用するなど事故防止のため、速やかに市民課窓口で「秘密鍵漏えい等届出」をしてください。電子証明書が失効します。
 本人確認書類が必要です。
 

パスワード 
 

パスワードのロック解除

 パスワードを5回連続して間違えると不正使用防止のため使用できなくなります(ロック状態)。この場合は市民課窓口へ電子証明書が格納された住民基本台帳カードを持参し、パスワードのロック解除申請をしてください。
 本人確認書類が必要です。


パスワードを忘れたとき

 町民課窓口へ電子証明書が格納された住民基本台帳カードを持参し、パスワードの初期化申請のうえ、新たにパスワードの設定を行ないます。
 本人確認書類が必要です。
 

パスワードの変更

 自宅のパソコンを使って変更するか、町民課窓口へ電子証明書が格納された住民基本台帳カードを持参し、パスワードの変更申請をしてください。
 本人確認書類が必要です。


お問い合わせ先 

 

ページ上部へ