介護保険料

介護保険料の決めかた

 介護を社会全体で支え合う介護保険制度が平成124月から始まりました。この制度を支えるのが、40歳以上のみなさんに納めていただく介護保険料です。
 ここでは、この保険料の決め方について説明します。

 

65才以上のかた(第1号被保険者)

介護保険料の決め方

 平成24年度から平成26年度までの3年間の基準額は同じ金額に設定されます。
 この基準額を基に、前年中の本人所得と世帯の課税・非課税の状況により、それぞれのかたの介護保険料の所得段階が確定します。
 なお、基準額については、平成24年度から平成26年度までの介護サービス費用の見込量や65歳以上の人数の見込により市町村ごとに決めます。
 

介護保険料の基準額

平成24年度から平成26年度までの藤里町の介護保険料の基準額(第6段階の保険料)は、年額71,760円(月額5,980円)です。
 

それぞれのかたの介護保険料額

藤里町の所得段階別の介護保険料は、下表「保険料の額」のとおりです。
前年中の本人所得と世帯の課税・非課税の状況により、それぞれのかたの介護保険料の所得段階が確定します。
 

介護保険料の決定

毎年7月に確定します。7月中旬過ぎに通知します。
 

介護保険料納め方

介護保険料の納め方は、特別徴収と普通徴収の2種類です。

なお、介護保険料を納めないでいると、給付の制限を受ける場合があります。

保険料の額(平成24年度から平成26年度)

所得段階

保険料額

平成24年度から
平成26年度

月額

年額

1段階

生活保護受給者、老齢福祉年金受給者で世帯全員が市民税非課税

基準額×0.5

2,990

35,880

2段階

世帯全員が市民税非課税

合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下

基準額×0.5

2,990

35,880

3段階

2段階に該当せず、合計所得金額と課税年金収入額の合計が120万円以下

基準額×0.70

4,435

50,230

4段階

 

1・第2・第3段階に該当しない場合

基準額×0.75

4,485

53,820

5段階

本人が市民税非課税(世帯の中に市民税課税者がいる)

合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下

基準額×0.95

5,680

68,170

6段階

5段階に該当しない場合

基準額×1.00

5,980

71,760

7段階

本人が市民税課税

合計所得金額が190万円未満

基準額×1.25

7,475

89,700

8段階

合計所得金額が190万円以上

基準額×1.5

8,970

107,640


 

40歳から64歳までのかた(第2号被保険者)

2号被保険者の保険料の基準は加入している健康保険(医療保険)によって異なります。

 

職場の健康保険などに加入しているかた

  • 保険料の額は総報酬額に応じて異なります。
  • 専業主婦など被扶養者になっているかたの保険料は加入している被保険者全体で負担します。
     

国民健康保険に加入しているかた

  • 保険料の額は所得等によって異なります。

ページ上部へ