窓口で払う一部負担金

窓口で支払う一部負担金

病気やけがをしたとき、医療機関などの窓口で保険証を提示することにより、実際にかかった医療費の1割から3割を負担することで、医療を受けることができます。

自己負担額の割合

自己負担額の割合は次の表のとおりです。

自己負担額の割合

年齢区別等

医療費の自己負担割合(平成204月から)

0歳から小学校就学前

実際にかかった医療費の2割 (注釈1

小学校1年生から中学校3年生

実際にかかった医療費の3割 (注釈2

義務教育終了後から70歳未満

実際にかかった医療費の3

70歳以上75歳未満

実際にかかった医療費の2割(1割)(注釈3)ただし、現役並み所得者は3

(注釈1)(注釈2)中学校3年生までは、子ども医療費助成制度により一部負担金が助成されますので、県内の医療機関での窓口負担はありません。県外の医療機関での窓口負担は申請によりお願いします。

(注釈370歳以上75歳未満のかたには高齢受給者証を送付しています。


  
詳しくは、担当へお問い合わせください。

ページ上部へ