補装具費の支給

障がい者への補装具費の支給

補装具費の支給

身体の障がいを補うために補装具を必要とする方に補装具費を支給します。

盲人安全つえ、義眼、眼鏡(矯正眼鏡、コンタクトレンズ、遮光眼鏡、弱視眼鏡)、補聴器、義肢(義手、義足)、装具、座位保持装置、車いす、電動車いす、歩行器、歩行補助杖、座位保持いす(児童のみ)、意思伝達装置など

 

申請に必要なもの

  • 身体障がい者手帳
  • 印鑑
  • 見積書(内訳書)
  • 医師意見書
  • 処方箋 など

 

自己負担上限額

原則1割が自己負担額ですが、所得に応じて上限月額が設定されます。なお、基準額以上を購入される場合、超過額については全額自己負担となります。

区分

対象となる人

上限額(月額)

生活保護

生活保護世帯の人

0円(自己負担なし)

低所得1

住民税非課税世帯

障がい者または障がい児の保護者の年収(注意1)が80万円以下の人

0円(自己負担なし)

低所得2

低所得1に該当しない人

0円(自己負担なし)

一般

住民税課税世帯

障がい者本人又は世帯員のいずれかのうち市町村民税所得割最多納税者の納税額が46万円未満の人

37,200

高額収入世帯

障がい者本人又は世帯員のいずれかのうち市町村民税所得割最多納税者の納税額が46万円以上の人

全額自己負担

 

ページ上部へ