児童扶養手当

児童扶養手当とは・・・?

 児童扶養手当は、父母の離婚などにより父又は母と生計をともにしていない児童(18歳
の年度末。ただし、心身に概ね中度以上の障害がある場合は20歳未満まで)の父又は母、
父又は母に代わってその児童を養育している方に対し、児童の健やかな成長を願って支給
される手当です。

ページ上部へ

児童扶養手当を受けることができる方は・・・?

次のいずれかにあてはまる「児童」を監護(保護者として生活の面倒をみること)
している父又は母、または父又は母に代わってその児童を養育している方(養育者)
が手当を受け取ることができます。

・父母が婚姻を解消した児童
・父または母が死亡した児童
・父または母が一定の障害の状態にある児童
・父または母の生死が明らかでない児童
・父または母が引き続き1年以上遺棄している児童
・父または母が裁判所からDV保護命令を受けた児童
・父または母が引き続き1年以上刑務所等に拘禁されている児童
・母が婚姻によらないで出産した児童
・母が児童を懐胎した当時の事情が不明である児童

ページ上部へ

手当額(月額)は・・・?

 受給資格者(ひとり親家庭の父や母など)が監護・養育する児童の数や
養育費の8割相当額を加算した受給資格者の所得等により決められます。

【令和2年度】(所得に応じて決定されます)
・子ども1人の場合
  全部支給 43,160円
  一部支給 43,150円〜10,180円

・子ども2人目の加算額
  全部支給 10,190円
  一部支給 10,180円〜5,100円

・子ども3人目以降の加算額(1人につき)
  全部支給  6,110円
  一部支給  6,100円〜3,060円

ページ上部へ

手当の支払い日は・・・?

 手当は、認定請求した日の属する月の翌月分から支給され、年6回(奇数月)、
支払月の前月分までの分が支払われます。

    支給日   支給対象月
     ↓      ↓
    1月11日  11月分から12月分
    3月11日  1月分から2月分
    5月11日  3月分から4月分
    7月11日  5月分から6月分
    9月11日  7月分から8月分
    11月11日  9月分から10月分

※支払月の支給日が土・日・祝日の場合は直前の金融機関の営業日になります。
※支払方法は全て金融機関への口座振込となります。

ページ上部へ

児童扶養手当を受ける手続きは・・・?

申請手続きには認定請求書が必要となります。また、戸籍謄本や住民票など
添付するほか、支給要件によって添付する書類が異なります。
 
※提出された認定請求書は、県の福祉事務所(地域振興局福祉環境部)に
送付され、県知事の認定を受けることになります。

                <手続き先・問合せ先>
                 藤里町役場 町民課 町民福祉係
                 TEL 0185-79-2113
 

ページ上部へ

手当を受ける資格がなくなる主な理由

次のような場合は、手当を受ける資格がなくなりますので、すぐに届け出てください。

1.婚姻(届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含み)したとき
2.あなたや児童が死亡したとき
3.児童が児童福祉施設に入所したり、転出などによりあなたが監護しなくなったとき
4.児童の父または母による遺棄・拘禁の状態でなくなったとき
5.そのほか支給要件に該当しなくなったとき

 このほかにも、手当を受ける資格がなくなる場合がありますので、手当証書の裏面を必ず
お読みいただき、受給開始時または現況届に比べて生活状況に変動がある場合は、お知らせ
ください。

● 公的年金を受給することとなった場合、資格喪失には該当しませんが、手当額を返還し
 ていただく場合があります。新たに公的年金給付等を受給することとなった場合は、届け
 出てください。

● 偽りその他不正な手段により手当を受けた者は、3年以下の懲役又は30万円以下の
 罰金に処せられます。

● 事実上婚姻関係と同様の事情にあることが疑われるときは、必要に応じて担当職員等が
 調査い伺うことがあります。

ページ上部へ